ページの先頭です
メニューの終端です。

家庭用品品質表示法に定める品質表示が義務付けられることとなります

[2012年7月6日]

従来、なべ等とセット販売されるガラス製のふたについては、いわゆる「付属品」と同様の取扱いとし、家庭用品品質表示法に定める品質表示の省略が認められてきたところですが、調理中における強化ガラス製のなべぶたの破損事故が発生していることなどから、平成24年4月より、単品で販売される場合と同様に家表法に基づく品質表示が義務付けられました(ただし、おおよそ1年間は、表示を行う事業者への周知及び準備のための期間となります)。

事業者及び消費者の皆様におかれましては、製品の適切な取扱いに努めていただきますようお願いいたします。詳しくは、消費者庁のホームページをご覧ください。

消費者庁ホームページ(PDF 653KB)

お問い合わせ

消費者庁表示対策課 03-3507-9233
消費者庁消費者安全課 03-3507-9201