ページの先頭です
メニューの終端です。

福祉タクシー事業

[2020年4月1日]

障がいのある方や高齢者、妊産婦などがタクシーを利用する場合、タクシー料金の一部を助成します。

なお、利用できるのは町と協定を締結したタクシー事業者に限ります。

利用できる方

白子町に住所が有り、町税(延滞金を含む)等(町民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、介護保険料及び後期高齢者医療保険料)の滞納がなく(分納誓約をし、当該年度に完納する場合を除く。)、次の条件に該当する方が助成を受けることができます。

  1. 障がいの程度が1級または2級の身体障害者手帳をお持ちの方
  2. 療育手帳をお持ちの方
  3. 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  4. 介護保険法により、要介護4または5の認定を受けた方
  5. 70歳以上の方で、家族による送迎ができない方
  6. 母子健康手帳の交付を受けて、出産予定日後3ヶ月までの妊産婦の方
  7. 腎臓機能障害を有し人工透析療法を受けている方

申請に必要なもの

  • 1~3に該当する方:障害者手帳と印鑑
  • 4に該当する方:介護保険証と印鑑
  • 5に該当する方:健康保険証または介護保険証と印鑑
  • 6に該当する方:母子健康手帳と印鑑
  • 7に該当する方:特定疾病療養受領証や医療費支払い明細書等の証明できる書類と印鑑

白子町福祉タクシー利用申請書

助成内容

タクシー1回の利用について2,000円を限度に助成します。4月~翌年3月まで48枚分(1箇月に4枚分の計算です。)を交付します。また、腎臓機能障害を有し人工透析療法を受けている方は、年間で最大288枚分(ただし、白子町外出支援サービス事業や病院実施の送迎サービス利用者は最大48枚です。)を交付します。なお、年度途中の申請の場合は、申請月以降の月数分となります。ただし、妊産婦の方については、出産予定日後3ヶ月に達する日の属する月の末日が有効期限となります。

利用方法

利用者証と利用券(1枚500円分)を交付しますので、タクシー乗車時に運転者に利用者証を提示して、降車の際に利用券1枚(最大4枚)を渡します。料金が限度額2,000円を超える場合は、その差額を支払ってください。なお、料金が限度額未満の場合の払い戻しはありません。

お問い合わせ

白子町役場健康福祉課福祉係

電話: 0475-33-2113

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム