ページの先頭です
メニューの終端です。

札幌市のスプレー缶による爆発事故

[2018年12月28日]

平成30年12月16日に札幌市内でスプレー缶の爆発事故が発生しました。

スプレー缶・カセットボンベは、処分方法を誤ると大惨事を招く危険性がありますので、排出方法を改めて確認し、必ずルールを守り、正しく処分してください。

スプレー缶・カセットボンベの排出方法

家庭内で不用になったスプレー缶・カセットボンベについては、以下の方法で排出してください。

中身を使い切り穴は開けない

スプレー缶やカセットボンベに穴を開けるなどしてガスを抜く作業を室内等で行うことは、危険を伴いますので絶対に行わないでください。

資源ごみの日に「スプレー缶・カセットボンベ専用ネット袋」(黄色)に入れて出す

排出方法が平成29年4月より不燃ごみから資源ごみへ変更されています。
原則として、穴を開けないで出すこととしていますが、穴を開けてしまった場合でも資源ごみとして出してください。

中身の使い切れないスプレー缶・カセットボンベ

長生郡市広域市町村圏組合 環境衛生課(TEL 0475-23-4944)にご相談ください。

お問い合わせ

白子町役場環境課環境係

電話: 0475-33-2118

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム