ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎

[2020年4月1日]

新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。この段階では、濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。

今重要なのは、今後の国内での感染の拡大を最小限に抑えるため、小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことの防止です。

※「小規模な患者クラスター」とは、感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団のことです。

<感染経路の特徴>

  • これまでに国内で感染が明らかになった方のうち8割の方は、他の人に感染させていません。
  • 一方、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テントなどでは、一人の感染者が複数に感染させた事例が報告されています。

集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。

集団感染を防ぐために

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3つの密を避けましょう

町民の皆さまへ

一人ひとりの予防で、感染拡大を防ぎましょう。

  • 手洗いや咳エチケットを徹底し、発熱等がある場合の外出を控えてください。
  • 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
  • イベントを開催する方々は、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合には、風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください。

これらの知見は、今後の疫学情報や研究により変わる可能性がありますが、現時点では最善と考えられる注意事項をまとめたものです。

※咳エチケットとは、個人が咳やくしゃみをする際にマスクの着用やティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえることです。

新型コロナウイルス感染症を防ぐには

白子町感染症対策本部の設置について

新型コロナウイルス感染症が拡大していることを受け、町民の皆さまの感染防止を強化するため、2月27日付けで「白子町感染症対策本部」を設置いたしました。

これまでの新型コロナウイルスに関する感染状況の情報収集や、町民の皆さまへの周知活動を行いながら、引き続き関係機関等との連携を強め、感染予防に取り組んでまいります。

家庭内でご注意いただきたいこと (8つのポイント)

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合に、<家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~>が公表されました。

詳しくは以下の添付ファイルをご覧ください。

  • 部屋を分けましょう
  • 感染者のお世話はできるだけ限られた方で
  • マスクをつけましょう
  • こまめに手を洗いましょう
  • 換気をしましょう
  • 手で触れる共有部分を消毒しましょう
  • 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  • ゴミは密閉して捨てましょう

家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日か6日)と言われています。

新型コロナウイルスが感染する状況は、現時点では飛沫感染と接触感染が考えられています。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染をすると、特にご高齢の方や、基礎疾患のある方は、重症化しやすい可能性があります。

日常生活で気をつけること

まず、手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し記録してください。

こんな方はご注意ください

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
 ・ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 ・ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
 ・ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【妊婦の方へ】
  妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

【お子様をお持ちの方へ】
  小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

<参考>

厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)
 

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

帰国者・接触者相談センター

発熱や呼吸器症状がある方は、医療機関(帰国者・接触者外来)を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。

◆長生健康福祉センター(長生保健所)

電話番号:0475-22-5167

対応時間:平日 9時から17時まで 

※県内の各保健所でも実施されています。

厚生労働省の電話相談窓口

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについて相談できます。

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

対応時間:9時から21時まで(土・日曜、祝日も含む)

※聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方

ファクス:03-3595-2756

千葉県の電話相談窓口

新型コロナウイルス関連肺炎感染症に関する相談、感染予防に関することについて相談できます。

電話番号:0570-200-613

対応時間:24時間体制(土・日曜、祝日も開設)

<参考>

コロナウイルスとは

⼈や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。⼈に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の⾵邪などの重度でない症状にとどまります。

お問い合わせ

白子町役場健康福祉課健幸づくり係

電話: 0475-33-2179

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム