ページの先頭です
メニューの終端です。

企業版ふるさと納税

[2021年4月14日]

企業版ふるさと納税のご案内

法人としての寄附を通じて、白子町が行う地方創生の取り組みを応援していただくため、企業版ふるさと納税を募集しています。

企業版ふるさと納税とは

国が認定した地方公共団体の事業に対し、企業が寄附を行った場合に法人関係税において大きな軽減効果を得られる仕組みです。社会貢献に取り組む企業としてPRできる機会ともなります。

令和2年度の制度改正により、損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されるなど、より活用しやすい取り組みとなりました。

企業版ふるさと納税軽減率

(出典:内閣府地方創生推進事務局)

留意点

  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 本社が所在する地方公共団体への寄附については、制度の対象とはなりません。
  • 寄附を行うことの代償として、経済的な利益を受けることは禁止されています。
  • 税額控除は実際に寄附を行った日が属する年度に適用されます。

制度の詳しくは、内閣府地方創生推進事務局「企業版ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。

内閣府地方創生推進事務局「企業版ふるさと納税ポータルサイト」

対象事業

白子町では、「健幸ポイント事業」(正式名:健幸まちづくりに向けた成果連動型手法(SIB)を活用した自治体連携ヘルスケアサービス構築事業)が、同制度を活用できる事業として国の認定を受けています。

健幸ポイント事業の詳しくは、白子町健康づくりセンター(白子町健康福祉課健幸づくり室健幸づくり係)にお問い合わせください。

事業概要

本取組みは、努力と成果に応じてポイントを付与することで歩くことの習慣化を図る健幸ポイント事業を計画の中心に据え、健幸寿命の延伸を図ることで医療費・介護リスクを抑制し健幸都市の実現を目指すものです。

兵庫県川西市、新潟県見附市との飛び地型3自治体連携プロジェクトであり、歩数データ等の管理や互いの情報共有にはICTを活用しています。
またサービス事業者とはKPIを設定した上で、成果連動型契約を締結することで成果にこだわり、官民一体となって事業全体の質の向上を図っています。 

寄附を通じてぜひ本町の取り組みをご支援していただけますよう、お願いいたします!

第1期SIB自治体連携プロジェクト

事業費:28,696千円

ウォーキングの様子

ウォーキングの様子(南白亀川遊歩道)

寄附の方法

下記のいずれかの方法でお願いいたします。

寄附のご入金を確認しましたら「寄付受領証明書」を発行します。
この受領証は税申告時に必要ですので、大切に保管してください。(再発行はできません。)

税制上の手続きに関する詳しくは、課税庁にご確認ください

1.企業版ふるさと納税専用サイトよりクレジットカードにより寄附

「プロジェクト一覧」から千葉県白子町「健幸まちづくりに向けた成果連動型手法(SIB)を活用した自治体連携ヘルスケアサービス構築事業」を選択してください。

ふるさとコネクト

2.寄附申請書をご提出のうえ、振込により寄附

「寄附申出書」に必要事項をご記入のうえ、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法により、下記へお申込みください。

※ご持参の場合を除き、町から払込通知書を郵送します。

【提出先】
〒299‐4292 千葉県長生郡白子町関5074‐2 白子町役場健康福祉課

電話番号  0475-33-2179
ファクス 0475-33-4132
E-mail hokenアットマークtown.shirako.lg.jp
※カタカナ表記を@に変更してください。

寄附申出書

お問い合わせ

白子町役場 総務課 企画財政室
電話: 0475-33-2110 ファクス: 0475-33-4132