ページの先頭です
メニューの終端です。

HPV(子宮頸がん)ワクチンのキャッチアップ接種について

[2022年5月24日]

HPV(子宮頸がん)ワクチンのキャッチアップ接種について

 HPV(子宮頸がん)ワクチンは、平成25年4月に定期接種となりましたが、接種後の痛みや運動障害などの多様な症状の報告が相次いだことから、同年6月から積極的な接種勧奨が差し控えられていました。
 この度、国の検討部会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないこと、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められたことから、接種勧奨が再開されました。
 これに併せて、積極的勧奨が差し控えられていた期間に、定期接種対象年齢となり、接種機会を逃した方についても、公平な接種機会を確保する観点 から 時限的に、従来の定期接種対象年齢を超えて HPV ワクチン接種を 行うこと(キャッチ アップ 接種という。 )となりました。
接種を希望される場合は、役場の健康づくりセンターで予診票を配付いたしますので、母子手帳を持参のうえお申し込みください。

キャッチアップ接種

町からのお知らせ文(キャッチアップ対象者送付)

対象

次の1~3のすべてに該当する人
1.平成9年4月2日生まれから平成18年4月1日生まれまでの女性
2.HPVワクチンの規定接種回数(3回)を終えていない未接種者・接種中断者
3.接種時に白子町に住民登録がある方

接種回数

規定接種回数の不足回数(未接種の方は3回)

キャッチアップ期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日まで

ワクチンの種類

サーバリックス(2価)
ガーダシル(4価)
※同じ種類のワクチンを接種
※過去に接種歴がある場合も、原則1回目と同じ種類のワクチンを接種

接種費用

無料

お問い合わせ

白子町役場健康福祉課健幸づくり係

電話: 0475-33-2179

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム