ページの先頭です
メニューの終端です。

イノシシに関する注意喚起について

[2023年1月10日]

昨年末、白潟地区の海岸保安林周辺でイノシシの目撃情報が寄せられたことから、げんき君パーク(白子町古所)に箱わなを設置し、令和4年12月27日にイノシシを捕獲しました。

捕獲にあたり、令和4年12月26日からげんき君パークを閉鎖していましたが、捕獲後、周辺パトロールを実施した結果や目撃情報が寄せられないことから、げんき君パーク周辺にイノシシが生息している可能性は低いと判断し、令和5年1月5日午前中をもってげんき君パークの閉鎖を解除しました。

イノシシに関する情報

目撃情報

令和4年度の目撃情報
目撃日目撃時間目撃地区目撃場所
12月25日16時15分幸治幸治大村公民館 付近
12月25日16時40分幸治幸治下谷公民館 付近
12月25日16時45分幸治小湊バス 幸治バス停 付近
12月26日8時00分古所げんき君パーク
12月26日17時00分海岸保安林 付近

箱わな設置情報

令和4年度の箱わな設置情報
設置日撤去日設置地区設置場所
12月26日1月5日古所げんき君パーク

捕獲情報

令和4年度の捕獲情報
捕獲日捕獲場所 捕獲場所 頭数
12月27日古所げんき君パーク1

イノシシへの対応

イノシシはおとなしい性格の臆病な動物であるため、人を襲うことはめったにありませんが、興奮していたり、至近距離で突然出会ったりした場合は注意が必要です。

万が一遭遇してしまった場合は、刺激しないように静かにその場を離れてください。

目撃情報は、白子町役場環境課(0475-33-2118)にご連絡ください。

イノシシに出会ったら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

イノシシの特徴

大きさ

千葉県で捕獲されるイノシシのほとんどは、体重30~40キログラム程度ですが、中には100キログラムを超える個体もいます。

性質

通常は警戒心が高く、臆病で注意深いですが、危険を感じたときや、過剰に興奮した際には、攻撃的になる場合があります。

また、人や人の生活環境に慣れると、行動が大胆になる場合があります。

学習能力や記憶力が高く、人の活動や、人の設置した構造物を学習し、柔軟に行動を変化させることがあります。

身体能力

鼻は、優れた嗅覚を有する感覚器としてだけでなく、地面を掘り起こしたり、重い石等を動かしたりする際に使用します。

鼻の力は非常に強く、時に50~70キログラムの物を動かすことがあります。

跳躍力に優れ、助走なしで1メートルの高さの構造物を乗り越えることができますが、地面から上に20センチメートル以上の隙間があれば、潜り抜けようとします。

成獣は犬歯が発達しており、犬歯の側面は鋭利な刃物のような形状であるため危険です。

活動時間

基本的に昼夜を問わず活動しますが、人を警戒しているときは、日没後から夜間に活動が活発になる傾向があります。

お問い合わせ

白子町役場環境課環境係

電話: 0475-33-2118

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム