ページの先頭です
メニューの終端です。

後期高齢者医療高額療養費

[2018年11月1日]

1か月(同じ月内)の医療費の自己負担額が、自己負担限度額を超えた場合、高額療養費として支給されます。該当するかたには通知をいたします

医療費が高額になったとき

自己負担限度額(月額) 平成30年8月から
自己負担の割合所得区分外来(個人単位)外来+入院(世帯単位)
3割現役並み所得者3252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
多数回該当 140,100円
現役並み所得者2 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
多数回該当 93,000円
現役並み所得者1 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
多数回該当 44,400円
1割一般18,000円
年間(8月~翌年7月)144,000円上限
57,600円
多数回該当 44,400円
区分28,000円24,600円
区分18,000円15,000円

多数該当 直近12か月以内に3回以上外来+入院の限度額を超えた高額療養費の該当となった場合は、4回目以降の外来+入院の限度額は、多数回該当として自己負担限度額が減額されます。

入院したときの食事代

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)
所得区分1食当たりの食費
現役並み所得者、一般460円
区分2 90日までの入院210円
区分2 過去12か月で90日を超える入院160円
区分1100円
現役並み所得者、一般
指定難病のかた、平成28年4月1日時点で既に1年を超えて継続して精神病床に入院していたかた(合併症等により転退院した場合で、同日内に再入院したかたを含む)は、260円。

お問い合わせ

白子町役場住民課国保年金係

電話: 0475-33-2112

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

住民課国保年金係