ページの先頭です
メニューの終端です。

第3期白子町地球温暖化対策実行計画

[2021年6月4日]

計画の概要

本町は、「第3期白子町地球温暖化対策実行計画」を策定し、役場の事務・事業により排出される温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量を平成21年度を基準年とし、令和3年度から令和7年度までの5年間で12パーセント削減することを目標としています。

計画の期間

令和3年度から令和7年度までの5年間とします。

(目標の達成を評価する基準年は、平成21年度とします。)

計画の範囲

白子町役場及び出先機関を含めたすべての事務・事業が対象となります。

ただし、指定管理者制度等により、外部委託を実施している事務事業は対象外であるが、可能な限り受託者に対して、実行計画の趣旨に沿った取り組みを実践するように協力を求めます。

対象とする温室効果ガス

二酸化炭素(CO2)

温室効果ガス(基準年度)

1,204,105kg-CO2(平成21年度に排出した二酸化炭素)

温室効果ガスの削減目標

平成21年度排出量の12.0パーセント削減(144,493kg-CO2削減)

具体的な取り組み

役場庁舎及び各施設の冷暖房については、適正な温度管理と利用状況に応じた管理を行う。

昼の休憩時間や時間外勤務時等においては、不必要箇所を消灯する。

待機電力の消費を最小限に抑え、必要に応じて電化製品のコンセントプラグを抜く等日常的に節電の励行に努める。

この他、具体的な取り組みの各項目について町職員全員で削減に取り組んでいきます。また、地球温暖化防止のさまざまな行動に取り組んでいきます。

進捗状況及び評価

下記の取り組みにより、二酸化炭素の排出量は減少傾向にあり、昨年度と比較して削減されています。

  • 施設内の照明については、不必要箇所を消灯し、利用状況に応じて点灯するよう努めた。
  • 待機電力の消費を最小限に抑え、必要に応じて電化製品のコンセントプラグを抜く等日常的に節電に努めた。
  • 冷暖房については、適正な温度管理(冷房28℃、暖房20℃)と利用状況に応じた管理を実施。
  • 庁舎等の施設にLED照明の導入。
  • 公共施設等の緑化の推進。(緑のカーテン等)
  • 空調効率を向上させるため、庁舎等の施設に遮熱フィルム張付工事を実施。
  • 公用車の適正管理、アイドリングストップを実施。
  • クールビズ・ウォームビズの推進。
  • ゴミの減量化を図るため、再利用や修理による物品の長期利用を実施。

お問い合わせ

白子町役場環境課環境係

電話: 0475-33-2118

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム