ページの先頭です
メニューの終端です。

個人番号(マイナンバー)カードのご案内

[2015年12月1日]

個人番号(マイナンバー)カードのご案内

マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。

マイナンバーは、一生使うものです。番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、一変更されませんので、大切にしてください。

マイナンバー制度には「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」
というメリットがあります。

1.行政の効率化

行政機関や地方公共団体などで、さまざまな情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。

2.国民の利便性の向上

添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。 また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関からさまざまなサービスのお知らせを受け取ることができます。

3.公平・公正な社会の実現

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。

マイナンバーカードについては個人番号カード総合サイト(外部リンク)で確認できます。

「個人番号通知カード」と「個人番号(マイナンバー)」カード

個人番号通知カードのイメージ

通知カード

通知カードは、住民の方々に個人番号(マイナンバー)を通知するもので、平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されます。

 平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、個人番号の記載・確認を求められることとなり、また個人番号カードの交付を受ける際にも返却が必要となりますので、受け取られた通知カードは大切に保管してください

個人番号(マイナンバー)カードのイメージ

個人番号カード
平成28年1月から、個人番号カードの交付が開始されます。

 個人番号カードは、本人の申請により交付され、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、また、さまざまな行政サービスを受けることができるようになるICカードです。交付手数料は、当面の間無料です(本人の責による再発行の場合を除く)。表面には

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 顔写真
  • 電子証明書の有効期限の記載欄
  • セキュリティコード
  • サインパネル領域(券面の情報に修正が生じた場合、その新しい情報を記載(引越した際の新住所など))
  • 臓器提供意思表示欄

が記載され、個人番号は裏面に記載されます。

 個人番号カードは、金融機関等本人確認の必要な窓口で身分証明書として利用できますが、個人番号をコピー・保管できる事業者は、行政機関や雇用主等、法令に規定された者に限定されているため、規定されていない事業者の窓口において、個人番号が記載されているカードの裏面をコピー・保管することはできません。

個人番号カードの申請・交付のながれ

・通知カードは住民全員(各世帯ごと)に簡易書留郵便で届きます

・個人番号カードの交付申請は通知カードに同封されている申請書を使用します。

 また、パソコンやスマートフォンからも申請することが出来ます。

個人番号(マイナンバー)カード手続きのながれ(外部リンク

お問い合わせ

白子町役場住民課戸籍住民係

電話: 0475-33-2112

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム