ページの先頭です
メニューの終端です。

後期高齢者医療保険料

[2021年7月1日]

後期高齢者医療制度では、加入者一人ひとりが保険料を納めます。保険料は、加入者全員が負担する「均等割額」と所得に応じて負担する「所得割額」の合計額になります。

保険料=均等割額+所得割額

  • 均等割額 43,400円
  • 所得割額 賦課のもととなる所得金額(※)×所得割率 8.39%
  • 資格の発生・消滅があるときは月割にて算出します。

※「賦課のもととなる所得金額」とは、前年の総所得金額及び山林所得金額並びに株式・長期(短期)譲渡所得金額等の合計から基礎控除額43万円を控除した額です。(ただし、雑損失の繰越控除額は控除しません。)

※ 保険料の賦課限度額 64万円

千葉県後期高齢者広域連合の保険料算定方法

均等割の軽減

所得の低いかたは、保険料の均等割額が世帯の所得水準にあわせて軽減されます。

均等割の軽減措置
軽減割合世帯の総所得金額等(世帯主と被保険者により判定)
7割軽減

43万円+10万円×(年金・給与所得者の数-1)※ 以下の場合

5割軽減43万円+(28.5万円×被保険者数)+10万円×(年金・給与所得者の数-1)※ 以下の場合
2割軽減43万円+(52万円×被保険者数)+10万円×(年金・給与所得者の数-1)※ 以下の場合

※世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者全員と世帯主のうち、以下のいずれかに該当する者が2人以上いる場合には、その人数から1を減じた数に10万円を乗じた金額を加えます。

  • 給与収入(専従者給与を除く)が55万円を超える。
  • 65歳以上(前年の12月31日現在)で公的年金収入(特別控除額15万円を差し引いた額)が110万円を超える。
  • 65歳未満(前年の12月31日現在)で公的年金収入が60万円を超える。

被用者保険の被扶養者であったかたの軽減

後期高齢者医療制度に加入する前日まで、会社などの健康保険(国民健康保険以外の健康保険)の被扶養者であったかたの「均等割額」は、加入した月から2年間のみ5割軽減され、「所得割額」はかかりません。

保険料の納め方

保険料は原則として年金からの天引きとなります。(特別徴収)ただし、以下の方は納付書または口座振替(普通徴収)で納めていただきます。

  • 対象となる年金受給額が年額18万円未満のかた
  • 介護保険料と後期高齢者医療保険料の合算額が年金受給額の2分の1を超えるかた
  • 口座振替の手続きをされて、納付方法変更申出書を提出されたかた
  • 年度途中に資格取得されたかた

お問い合わせ

白子町役場住民課国保年金係

電話: 0475-33-2112

ファクス: 0475-33-4132

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

住民課国保年金係